トスカーナ地方のイタリア料理

同じ国の中でも、場所によって料理に違いがあるのは日本でも同じです。関西と関東で出汁が違うなど、同じ国の中でも料理に違いがあります。
イタリア料理でも、州の違いによって料理に違いがあります。たとえば、トスカーナ地方の料理といえば、ラザニア(ラザーニャ)が有名です。
ラザニアは日本でもよく知られるトスカーナ地方の料理で、そこから世界中でアレンジされていきました。
本場のイタリア料理を体験するのもいいですが、自分なりにイタリア料理をアレンジして家族や友人と楽しむのもいいでしょう。
料理をアレンジするためには、本場の味をよく知る必要があります。現在は日本でも本場イタリア料理を楽しむことができます。
ピザやパスタ以外のイタリア料理をこの機会に覚えてみてはどうでしょうか。

イタリア料理の魅力について

和食や中華も魅力的ですが、たまにはオシャレなイタリア料理を食べたいと考えたことはありませんか。イタリア料理と聞きますとパスタが有名です。スパゲティやラザニアなど豊富なメニューに使われていますので、日本人でも馴染みの深い料理になっています。イタリアの気候は温暖で乾燥していますので小麦の生産に適しています。そのため昔から、小麦を使った料理が主流になっています。イタリア料理は見た目もオシャレですので、女性の方に多く好まれているイメージがあります。トマトを使った料理が多いので、健康にもいいですし栄養成分のリコピンが肌の調子を整えてくれるメリットがあります。喫茶店などで、ナポリタンを注文したことがある方も多いのではないでしょうか。ナポリタンと聞きますとイタリアのイメージがありますが、実は日本で作られた料理ですのでイタリアにはありません。イタリア料理を真似て、ナポリタンが生まれたことを考えますと日本人の歴史を感じることができて非常に面白いです。料理と文化には密接な関係がありますので、イタリア料理を食べながら当時の歴史を調べてみませんか。イタリアは地中海に面していますので、魚料理も有名です。日本人の味覚に近い部分がありますので人気が高いのも納得できます。

イタリア料理の地域による特徴について

イタリア料理の歴史は古く、昔イタリアが幾つかの王国に分かれていたので、地域によりイタリア料理の特徴が様々です。
南イタリアや中部イタリア、北イタリアなどの地域によって特徴があります。北イタリアは豊富な材料が手に入る地域で、アドリア海で採れる魚介類が豊富なので、料理にも繁栄されています。秋から冬はとても寒い地域の為、温かい煮込み料理がメインです。代表的なメニューは、ミラノ風リゾットやポレンタ、オッソブッコなどがあります。
中部イタリアの料理は、ニョッキを使用した料理や、仔牛を使った料理が多いのが特徴です。仔牛の内臓を使った料理や、豆類の料理が多い点もあります。代表的なのは、インゲン豆のスープやカッチューユ、フィノッキオーナなどです。
南イタリアでは、歴史的な背景からパスタやピッツァなどの料理が多く、魚介類ではムール貝を使用した料理が特徴です。また、この地域ではお菓子が古くから作られ、フルーツを使ったお洒落なお菓子などが有名です。カッサータという、果物を砂糖に漬けアイスに入れたデザートが、イタリア料理としても有名です。
イタリアと言えばパスタ料理で、パスタの品質は法律で基準が定められていて、有名な銘柄はブイトーニなどがあります。

家庭でも簡単!イタリア料理!

イタリア料理の定番といえば、パスタとピザですよね。
子供から大人までみんなに人気の代表的な料理です。
レストランで食べると本格的な味が楽しめますが、家族みんなで行くとなると値段がけっこうかかってしまいますよね。
でも家庭でも簡単に作れてしまうのがパスタとピザの魅力でもあります。
家庭でパスタを作ることは多いかと思いますが、ピザは生地から作るなんてめんどくさそう、、、なんて思う方もいるかもしれませんが、
意外と簡単にできちゃうんです!材料は薄力粉・強力粉・水・ドライイーストの4つだけです。この4つの材料さえあれば、
ご家庭で手作りもちもちピザができてしまいます。
すべての材料を混ぜて手でこねます。10分ほどこねたら生地をひとまとまりにし、固く絞った濡れふきんをかぶせ15分程放置で発酵させます。
2倍ぐらいの大きさに膨れるので1度ガス抜きをして、あとは平らに伸ばせば生地は完成です!
後は具材をお好みで乗せてオーブンで焼けば簡単に家庭でピザを食べることができます。テリヤキチキンやツナコーン、トマトやベーコンなど、
様々なバリエーションがあるので、小さめサイズを何枚か焼いて食べ比べたりするのも楽しみ方の一つです。
友達同士でのホームパーティーや親戚の集まりなど、みんなが揃うときに作れば喜ばれること間違いなしです。
お店で味わうのもいいですが、たまには自分のオリジナルピザを作ってみてはいかがでしょうか。